8月の夏インフルエンザのうつる期間と予防方法

インフルエンザは冬に流行するものというのが、一般常識とされていますよね。ところが最近では、夏真っ盛りの8月にもインフルエンザが流行することがあるのです。症状や特徴も冬に流行するものと変わらず、感染力の強さや症状の重さも他の夏風邪とは一線を画すので注意が必要です。さらに、夏はまさかインフルエンザが流行するなど考えもしない人が多く、冬に比べて予防もおろそかになりがちで、より流行してしまうケースがあるのです。実際に、夏インフルエンザによって学級閉鎖となった学校まであります。決して甘く見ることなく、夏でもインフルエンザになることがあるのだと理解して、しっかりとした予防を行う必要があります。
夏のインフルエンザは、冬のものとは異なる特徴もあります。それは、他の風邪や病気などで体力や免疫力が一時的に落ちている人が感染しやすい、という点です。日本の夏は高温多湿が特徴で、インフルエンザウイルスは通常すぐに死滅してしまいます。このため、例えウィルスに触れてしまったとしても、普通の人なら感染することなくウィルスが死滅するのです。しかし、体力や免疫力が低下している人は、ごく短い時間でもすぐに感染してしまいます。このため、夏バテが起こりやすい8月や、夏風邪が流行する期間にうつることが多いのです。
予防法としては、冬と同じくうがい手洗いの徹底や、マスクをつけたり除菌スプレーなどを常備するといた方法が挙げられます。夏の場合は、まず体力と免疫力を落とさないことが最大の予防法となるため、規則正しい生活を心がけたり栄養バランスの取れた食事を取ることも大切になります。また、エアコンを常にかけておくと乾燥し、ウィルスが活発になるので注意しましょう。