幼児はインフルエンザとエボラ感染熱には要注意

インフルエンザは毎年のように話題になりますが、エボラ感染熱にも注意しておきたいところです。両方とも幼児の命を脅かすに値する症状を引き起こしてしまいますから、万全の予防対策と患ってしまったときの対処法を心得ておくに越したことはありません。
もしも幼児がインフルエンザに罹ってしまうと、種々の重い症状が確認できるようになります。第一に起こるのは呼吸器への多大なる負担であり、この症状が長引くと肺炎や呼吸困難などといった事態に発展します。自宅で看病するには限度がありますから、一刻も早く医療機関に幼児を連れて行くべきです。また、高熱に悩まされる点もインフルエンザの特徴です。大人にも同様の症状が確認できるのですが、免疫力が高くない幼児の場合は特に経過観察を要します。自分自身の体調を詳細に説明することができない幼児は、高熱によって迅速な処置を要している場合であっても泣くだけで保護者には何だかよくわかりません。少しでもおかしいと感じたのであればかかりつけ医に駆け込むのが賢明であり、それは仕事や家事よりも優先して行動に移すべきです。
インフルエンザとともに注意喚起がなされているエボラ感染熱も、ときとして幼児の命を奪ってしまうほどの猛威を振るいます。主として体内の鉄分を急激に消費させてしまう症状で悩むことになるのですが、幼児は不足分を補充できるほど体が成長していません。医療機関で集中的に処置が施されていたとしても、免疫力など種々の生命力に関する能力が未熟であれば命を落とすこともあります。しかしながら、近年ではエボラ感染熱が世界的に猛威を振るったので幼児にも効果的なワクチンの開発が急ピッチで進められています。