インフルエンザウイルスから身を守る方法

インフルエンザウイルスから身を守る方法は、それがどのように体内に侵入するのかと言うことを考えれば理解できます。インフルエンザには季節性や新型と呼ばれるものがありますが、いずれも感染力の違いはあれど、ウイルスが体内に侵入する経路、いわゆる感染経路は同じです。インフルエンザウイルスを保有している人がくしゃみや咳をして、その際に飛散した分泌物によって感染する飛沫感染、分泌物から水分が抜けたものが空気中に浮遊し、それを吸引することにって感染する空気感染、そしてウイルスの付着した手が触れた物に、ウイルスを持っていない人が触れることで感染する接触感染が感染経路としては挙げられます。ですからこれらの感染経路を断つことが、インフルエンザウイルスから身を守る方法と言うことになります。まず飛沫感染ですが、これは飛散してくる分泌物を吸引しないようにすることで身を守ることができます。くしゃみや咳をした人が、いわゆる『咳エチケット』を守ってくれる人でしたら問題はありません。しかしそれができていない人もいますから、自衛策としてマスクを着用することが必要です。口元は勿論のこと、鼻腔内もウイルスが付着するには最適な場所ですから、鼻もすっぽりと覆うように装着して下さい。それから空気感染は、ウイルスを含んだ浮遊物が床に落ちてさえいれば断つことができます。そのためには、浮遊物にくっついて重りの役割を果たす湿気が必要です。ですから空気が乾燥している季節などは、加湿器を利用することが有効な対策として挙げられます。そして最後の接触感染は、自分の手指や鼻腔内に触れたウイルスを落とすことで断つことができます。そしてこれは手洗い、うがい、必要であれば鼻洗浄を実施することで実現できます。特に手洗い、うがいの実施は必要不可欠です。またウイルスの感染を症状として発症させないためにも、体力や免疫力を維持するのも身を守る方法です。